2017年10月2日月曜日

野党共闘は根付いている

STOP!安倍政治中央区実行委員会は、
私と民進党の札幌中央区選出市議も加わり、
共謀罪の動きが表面化したことをきっかけに
市民・市民団体といっしょに活動を始めました。
この実行委員会の主催で
民進・共産双方の毎週の定例宣伝に相乗りするやり方や、
月に一度大通り公園で街頭宣伝をするスタイルも定着し、
共謀罪が国会を通ったあとは
「STOP!安倍政治」という名称に発展させて
実行委員会を続けています。

9月30日の月に一度の街頭宣伝(大通西4丁目)は、
総選挙になるとは思わなかった時から
予定していたものですが、
野党共闘を進める仲間を励ます宣伝になりました。
「希望の党」が結成され、そこへの合流を宣言した民進党は
野党共闘を放棄してしまうのか?という
きわどい政治状況の中、
これまでこの宣伝に一緒に参加していた民進党は
来てくれるのか、という不安がありました。

実行委員の民進党の市議は冒頭から参加していましたが、
小選挙区予定候補が「来れない」と連絡があったとのことで、
民進党の市議も「来ないのかな」と心配していました。

共産党の森つねと予定候補は、
民進党の予定候補に向けて
「ぜひここに参加してほしい」と訴えて演説を終えましたが、
そのすぐあとに、民進党の予定候補が駆けつけてきました。
マイクを持ち、「私はまだ(希望の党申請は)未定です」
「安倍内閣打倒という大きな目標がある。
4党で話し合ってきたことを大切にしなければ。」と訴えると、
応援に来ていた人たちから大きな拍手が起こりました。

まだ予断は許せない状況ですが、

安保法制の廃止を求める市民と野党の共闘は
しっかり根付いていると確信しています。
野党共闘はどうなるか?ではなく、
私たちの手で粘り強く「安保法制は許さない!」を柱に
どんどん広げていくことが一番大事です。
安倍首相の憲法違反の政治をやめさせるため
選挙戦を頑張りぬきたいと思います。

2017年9月20日水曜日

定例議会と総選挙

第3回定例議会が本日から始まりました。
会期は10月31日まで。

2016年度の札幌市の決算について審議する議会です。
代表質問は26日(火)、27日(水)で

日本共産党は27日に伊藤りち子議員が行います。

そして、解散総選挙になる!という
初めての経験も。

議会と選挙、どちらもがんばります。

2017年9月4日月曜日

全道ろうあ者大会in札幌

9月2日、第58回全道ろうあ者大会に参加して
みなさんと懇親を深めました
大会のテーマは「つたえよう 広げよう 手話はいのち」。
手話を言語として認めてほしいという
願いが込められたものでした

札幌市議会では「手話言語法の制定を求める意見書」
国に提出しています。
交流会の席でSさんが、
小学校は普通学級だったこと、
親の転勤で北海道に来て初めてろう学校に通い
とても楽しかったこと、
そのまま親と離れてろう学校に通ったことを話してくれました。
手話でコミュニケーションが取れることがうれしくて、
学校が終わってもずっと友達と会話していたと言います。
いまろうあ者の社会進出が進んでいて、
医者や薬剤師になる人もいる。
でもボランティアの通訳では専門用語が通じない。
手話通訳に専門性が必要です」とも話していました。

はっと気づきました。

意思疎通だけでなく正確な通訳をしなければ、
ご本人が専門家になっても言葉が通じないのです。
通訳の専門家の養成を急がなければ障壁は取り除けない、
教えてもらいました。

2017年8月1日火曜日

政府交渉に行きました

7月27日28日と、道内の共産党議員・候補の方と一緒に
政府交渉に行ってきました。

国土交通省では、JR北海道の「事業見直し」について、

国が責任を果たすことを求めました。
担当者からは
厳しい状況であることは認識している。
何ができるか一緒に考えたい」というお答えはありましたが、
「(経営分離について)JRには丁寧な説明を求めている」、
安定化基金は積み増しした。
老朽化対策への助成もやっている」とこれまでの取り組みの
説明があるだけで、
この先国が積極的に解決していくという姿勢が
まったくありませんでした。

私たちは、

災害による線路崩壊についてはただちに復旧してほしい」、
道路ならすぐにでも復旧するのに、
なぜ鉄路は後回しなのか理解できない」など次々と発言。
気持ちは伝わったと思いたいのですが、
あいまいな姿勢だったという印象です。
JR札幌駅のホームに
転落防止の稼働柵(ホームドア)の設置の要望もしました。
車両の種類が多く扉の位置がさまざまなため、
位置を固定できないことが課題で、
新しい技術導入をすすめている、との答えでした。

障がい者からも要望が出されていますから、
研究の後押しも含め、早急な実現を求めました。

厚生労働省には、14項目の要望を出し、
札幌市議団としての要望はその中に2つありました。
一つが「生活保護の冬期加算を減額前の支給額に戻すこと」、
もう一つが
保険調剤薬局を無料低額診療事業の対象とすること」です。
冬期加算減額について、
検討委員会の実態検証の結果を考慮して決めたもの。
北海道はその1.2倍上乗せしました」と担当者が答えたので、
私は、「どのような実態検証を行ったのか。1.2倍の根拠は何か」と聞きました。
家計調査から導いたもので北海道は寒いから1.2倍」というだけで、減額すべき根拠はありませんでした。
それを聞き私は、
「隙間風の入る古いアパートに多くの受給者は住んでいる。
ストーブなしでは暮らせない厳冬の北海道の生活実態を
わかっているのか。1日2食に減らした人、
布団にもぐって暮らしている人がたくさんいる」
改善を強く求めました。

無料低額診療の薬局適用は
3年前にも同様の要望を出しているのに
「院内処方をしていれば対応可能です」という
トボケた答えが来ました。
古くからある無料定額診療制度が
薬局に適用できなくなったのは
国が医薬分業を進めたため院内処方が難しくなったからです。
多くの病院が院外処方にせざるを得なくなったのに
「院内ならできる」という答えでは納得できません。
私は、「せっかく診療が無料・低額になっても、
薬が対象にならなければ治療ができないことになります。
医薬分業を進めた国が責任もって
保険薬局にも適用できるようにすべき」と求めました。
交渉には、病院関係者だった議員・候補も多かったので、
国が何の検討もしていないことに対し、意見が集中しました。

2017年7月26日水曜日

8月のオスプレイ訓練中止を


陸上自衛隊と米海兵隊が、
8月に北海道大演習場などで
MVオスプレイを含む共同訓練を実施する計画であることが
北海道新聞で報じられました。
日本共産党市議団は、726日、秋元市長に
「米海兵隊・自衛隊によるオスプレイ訓練の
中止を求める要請」を行いました。
北海道大演習場には豊平区の西岡演習場、
清田区の有明演習場が含まれます
2015年にはMVオスプレイが札幌に飛来し、
陸上自衛隊丘珠駐屯地での空港イベントに
参加したこともあります。

昨年12月に沖縄県名護市の浅瀬に墜落したオスプレイ。
垂直から斜め、水平へと向きを変えて
ヘリコプターのように離発着し、
上空では水平飛行ができる、という特徴ゆえに、
向きを変えると機体が不安定になるため
墜落などの事故を起こしやすい、という
構造的な欠陥があります。
わかっているだけでも、MVオスプレイは14回の事故を起こし、
30名以上の兵士や一般人が亡くなっています。


こんな危険なオスプレイを
札幌の上空を飛行させてはなりません。
いつ、どのルートを飛行するのか、
訓練の詳細が明らかにされないことも問題です。
まずは、札幌市が「オスプレイを飛行させない」という意思を
明確にすべきです。